2017.09.04月曜日

このエントリーをはてなブックマークに追加

コラムcolumn

最新作「ダンケルク」が日本公開! 映像表現が天才的なクリストファー・ノーラン監督の世界

「ダークナイト」「インセプション」「インターステラー」など、新作が公開されるごとに「ハズレなし!」という評価が更新されていくクリストファー・ノーラン監督。待望の最新作「ダンケルク」(9月9日公開)に向けて、観る者を夢中にさせるノーラン作品の魅力を探る。

ワンダーウーマン
「ダンケルク」
9月9日(土)丸の内ピカデリー 新宿ピカデリー他 全国ロードショー 配給:ワーナー・ブラザース映画
© 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

ノーラン監督が初めて実話に挑んだ「ダンケルク」

ドーバー海峡に面したフランスの港町ダンケルク。第二次世界大戦初期の1940年、ドイツ軍によってイギリス・フランス連合軍の兵士40万人がこの地に追い詰められた。彼らを救うため、イギリスでは史上最大の救出作戦、コードネーム“ダイナモ作戦”が開始。そして軍艦だけでなく、民間船までもが危険を顧みず、自らの意志でダンケルクへ向かった。この歴史的出来事は、“ダンケルク・スピリット”というイギリス人の誇りとして今なお語り継がれている。

イギリス出身のクリストファー・ノーラン監督が、今回初めて実話に挑んだのが、自身も聞いて育ったと言うこのダンケルクの奇跡を元にした、映画「ダンケルク」だ。若き兵士たちが生きて帰れるか?というシンプルなストーリーが、それぞれ異なる時間軸にある陸海空3視点を目まぐるしく切り替えながら、描かれる。

これまでも圧倒的な映像表現で観客を驚かせてきたノーラン監督。本作はIMAXと65ミリ・フィルムカメラの組み合わせで撮影され、その没入感あふれる高解像度の映像によって戦場に放り込まれたような感覚を味わうことができる。兵士たちが救出を待つ浜辺、海峡を渡る民間船の上、あるいは戦闘機スピットファイアのコックピットの中。そして上映開始から時計の秒針の音が常に刻まれることで、生きるか死ぬかのタイムリミットが迫る緊迫感をこれでもかとあおってくる。誰もが、こんな戦争映画観たことない!と興奮すること必至だ。

"本物"にとことんこだわるノーラン監督

ノーラン作品の大きな特徴の一つが、デジタル効果やCGを極力使わず、できるだけ現実にある物や生身の人間で撮影をする、ということ。その結果、観客をよりストーリーに引き込めるからだ。確かに「あ、これCGだな」と気付いてしまうと、一気に現実に引き戻されるもの(ほとんど気付かないくらい技術は進化しているけれど)。でもノーラン監督作品のスケールで極力CGに頼らないというのは、すごい。

今回の「ダンケルク」に関していえば、実際のダンケルクの浜辺で撮影が行われ、1940年当時の防波堤を作り上げたという。そしてイギリスが誇る戦闘機スピットファイアは、当時の実物3機を借りて撮影された。

過去の作品でも、「これCGじゃないの⁉」と驚かされる有名なシーンを紹介。まずは言わずと知れた傑作「ダークナイト」(2008年公開)から。クリスチャン・ベイルがバットマンを演じた「ダークナイト三部作」の2作目で、バットマンの宿敵ジョーカーを演じた故ヒース・レジャーの名演でも知られている作品。バットマンとジョーカーによるカーチェイスが繰り広げられる中で、巨大トレーラーが縦にひっくり返るシーンは、なんと実際のトレーラーを使って撮影。また、ジョーカーによって大病院が爆破されるシーンも、実際の建物を爆破している。

インセプション
インセプション
©2010 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

続編「ダークナイト ライジング」(2012年公開)では、1万人以上のエキストラを集め、スタジアムの爆破シーンも実際に行われた。また、飛行機が別の飛行機の残骸を吊るしながら飛ぶシーンも、スタジオではなく実際に飛行機を飛ばして撮影された。

続いては、レオナルド・ディカプリオや渡辺謙が出演している「インセプション」(2010年公開)。ノーラン監督が16歳の頃から思い巡らしていたアイデアをもとに脚本を執筆したという作品で、人の夢の中に侵入して考えを植え付けるというSFアクション。そんな不思議な世界観ならではの名シーンが、ジョセフ・ゴードン=レヴィットが無重力のホテルで敵と格闘する場面。これはさすがにCG、と思えるが、なんと30メートルの廊下セットを制作し、丸ごと回転させているというから驚き。そんなセットで芝居をする役者さんの身体能力にも感服。

練りに練られた脚本に引き込まれる!

観客がノーラン作品に引き付けられるのは、練りに練られた脚本への信頼もある。

クリストファー・ノーランの名を世に知らしめた作品と言えば、2000年に公開された「メメント」。弟であるジョナサン・ノーランの短編小説をもとに、ノーラン監督が脚色して仕上げたインデペンデント作品。物語の主人公は、事件の後遺症により10分間しか記憶できない男。出会った人物などをポラロイドカメラで撮影し、メモを取ることで記憶を助け、妻を殺した犯人を追うというサスペンスだ。革新的なのは、そのストーリーを解体し、終わりから始まりへと見せていくという構成。一度見ただけでは理解が追い付かず(分かる人は分かると思うけれど…)、何度も観ることで自分の中の謎が解明されていく、ある種のカタルシスさえ感じさせてくれる。また、その構成が成り立ち、なおかつ何度も見て理解したいと思わせるのは巧みな脚本であるからこそ。ただ無意味な難解さを演出しているわけではなく、ストーリーを伝える最適な方法として使っているのが分かるし、理解してくれるという観客への信頼も感じられる。

メメント
メメント
©2000 I REMEMBER PRODUCTIONS,LLC

「インセプション」もまさにそう。冒頭、おそらく時系列的には終わりの方と思われるシーンから始まり、物語は過去へと戻る。
ストーリー的にも構造が複雑だ。主人公たちは人の夢の中に入ってアイデアを盗んだり、植え付けたりというミッションを行う。そして夢の中、夢の中の夢の中、夢の中の夢の中の夢の中…と、複数のレイヤーができていき、それが最後には重なっていく。世界観も不思議で、構造も複雑だけれど、観ているこちらを置いてきぼりにしないのは、丁寧に脚本が組み立てられている証拠。悔しいまでに最後までグッと引き込まれてしまうのだ。

また、2014年に公開され、マシュー・マコノヒーとアン・ハサウェイというアカデミー受賞Wキャスト出演で話題になったSF作品「インターステラー」では、実際の可能性を検証したという科学的な正確さがSFファンを熱くした。

「インターステラー」の舞台は宇宙。
環境の変化によって地球の寿命が尽きかけ、居住可能な新たな星を探すため未開の地へと旅立つクルーたちの姿を描いている。本作が他の宇宙探険モノと一線を画すのは、重力理論の権威である理論物理学者キップ・ソーンが科学コンサルタント&製作総指揮として参加し、製作開始当初から実際の物理学や科学がストーリーに盛り込まれている点。彼の研究するデータを基に、宇宙空間に現れるブラックホールやワームホールがリアルに視覚化されている。NASAの黒板に書かれた数式も決してでたらめではない。科学を知らなければ見過ごしてしまうことだけど、説得力のある描写が物語に深みを持たせるのは明らか。また、宇宙という壮大なストーリーであっても、キャラクターそれぞれの人間ドラマがしっかり描き込まれているところも、ノーラン監督の魅力だ。

ちなみに、宇宙船の内部も実際にセットを制作し、さらにはキャストにできるだけリアリティを感じてもらいたいからと、窓の外の景色も宇宙空間を再現して撮影された。もはやそんなの当たり前と思えてくるけれど、いやいや当たり前じゃない!

インターステラー
インターステラー
© 2014 Warner Bros. Entertainment, Inc. and Paramount Pictures. All Rights Reserved.

まとめ

斬新な世界観が魅力の一つでもあるだけに、普通ならあくまでも画面の中の出来事だと割り切って観てしまいそうなノーラン作品。それでも映画の世界へ没入できてしまうのは、臨場感のある映像、CGに頼らない撮影、説得力のある描写、作り込まれた脚本など、観客を引き込むこだわりが並じゃないから。一作品でも見れば、きっとその魅力にはまってしまうはず!

<構成:ひかりTV NEWS 編集部>

最新記事