2017.11.24金曜日

このエントリーをはてなブックマークに追加

コラムcolumn

特報動画が1億3600万回再生! 驚異の期待作「マイティ・ソー」のヒーローは、愛されお兄ちゃんキャラ!?

世界中を熱狂させた「スパイダーマン:ホームカミング」(8月公開)に続くマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)最新作、「マイティ・ソー バトルロイヤル」が、11月3日に公開。「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」(2018年4月27日公開)につながる重要な作品と位置づけられる本作の主人公ソーの、アクションもコメディも抜群な「愛されヒーロー」ぶりを見ていきましょう!

ソーやハルクたちが即席チームを結成! 最強の敵に勝てるのか!?

神々の国・アスガルドの王オーディン(アンソニー・ホプキンス)の息子であるソー(クリス・ヘムズワース)は、雷と稲妻を操れる無敵のハンマー“ムジョルニア”を武器に、アスガルドや地球を守るために戦うヒーロー。「マイティ・ソー バトルロイヤル」は、最強ヒーロー軍団アベンジャーズの一員でもある、ソーを主人公にしたシリーズ第3弾です。

「マイティ・ソー バトルロイヤル」
「マイティ・ソー バトルロイヤル」
11月3日(金・祝)全国ロードショー 配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
©Marvel Studios 2017 All rights reserved.

本作でソーが戦うのは、オーディンを恨み、アスガルド崩壊を目論んでいる、死を司る女神・ヘラ(ケイト・ブランシェット)。アベンジャーズのメンバーですら持ち上げられないムジョルニアを、たやすく破壊するほどの力を持つ、と言えばその最強ぶりがわかりますよね。圧倒的な力の前になすすべなく、ソーは義弟ロキ(トム・ヒドルストン)と共に宇宙の果ての惑星サカールに弾き飛ばされ、行方知れずだったアベンジャーズの仲間ハルク(マーク・ラファロ)とまさかの再会。そして、ハルク、ロキに、新キャラクターの女戦士・ヴァルキリー(テッサ・トンプソン)も加えて即席チーム“リベンジャーズ”を結成し、ヘラに戦いを挑みます。

アベンジャーズファンとしては、これまで共に戦いながらも一緒のシーンが少なかった、ソーとハルクの関係の変化がうれしすぎ!  アベンジャーズでも双璧の強さを誇る2人が、ガチ対決に挑むことになる闘技場での再会から共に戦うまで、本作ではがっつりと絡むのです。 そして、吠えることしかできなかったハルクが少しだけ会話ができるようになったことで、よりユーモアあふれるやり取りが展開され、笑わせてくれます。

また、ソーを語る上で切っても切れないのが、血のつながらない義弟ロキの存在。 オーディンの子供ではなく、氷の巨人の子供であるという自身の出自を知って以降、地球征服やアスガルドの王座を狙うヴィランとなるロキ。そんな彼が裏切ることなく最後まで共に戦い抜けるかも、要チェックです!

そのほか、マーベル・スタジオ作品初の女性ヴィラン(悪役)や、日本人としては、アスガルドの三勇士の一人を演じる浅野忠信の活躍など、楽しみなトピックが満載。 また、ソーといえば甘いマスクと筋肉隆々な肉体美で劇中の女性たちを魅了していますが、過去の作品同様に、肉体美が披露されるのか…もある意味注目ですね。

マーベル・スタジオ代表のケヴィン・ファイギはこの作品を、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」へとつながる重要な作品になると公言。特報映像が解禁された際には、マーベル・スタジオ作品歴代最高となる、24時間で動画再生回数1億3600万回を記録するなど、世界中からの期待の高さがうかがえます。

ヒーローとなったソーが、最強のヒーロー軍団アベンジャーズの一員に

マイティ・ソー
マイティ・ソー
© 2011 MARVEL

「アイアンマン」(2008年)から始まったマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)は、マーベルのキャラクターとストーリーをベースに、各作品が相互にリンクし合い、全体で一つの大きなストーリーを織り成す壮大なプロジェクトです。このMCU作品の中で、ソーが登場する5作品を公開順に紹介していきます。

まず、まだアベンジャーズ結成前、ソーがヒーローとして目覚める物語「マイティ・ソー」(2011年)から。

無敵の強さを誇るあまり、傲慢さから神々の国・アスガルドに危機を招いたソーは、父オーディンにより無敵のハンマー・ムジョルニアと力を奪われ、人間界へ追放されてしまいます。そこで天文学者のジェーン(ナタリー・ポートマン)たちと過ごすうちに真の強さを学び、王座を狙う義弟ロキの陰謀で危機に陥ったアスガルドと地球を守るため立ち上がります。

レストランで飲み終わったカップを床に叩きつけたり、ペットショップで馬を所望したりと、ソーの慣れない地球での生活が笑いを誘います。そして”俺様”な態度をジェーンたちにたしなめられ、徐々にジェントルな対応を学んでいく姿には、どこか母性本能をくすぐられます。そこへ来て、ムキムキの肉体美となれば、女性ファンはそりゃ心をつかまれてしまいます!

ちなみに、「アベンジャーズ」では共に戦うホークアイ(ジェレミー・レナー)や、国際平和維持組織シールドのコールソン(クラーク・グレッグ)が、この作品ではソーを捕えようとする、いわば‟敵”として登場しています。

アベンジャーズ
アベンジャーズ
TM & ©2012 Marvel & Subs.

そして、ロキが宇宙の暴君と手を組み地球支配を目論むことから始まるのが「アベンジャーズ」(2012年)。かつてない危機を迎え、シールドの長官ニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)がヒーローたちを集め、最強のヒーロー軍団『アベンジャーズ』が結成されるのです。

と言っても、アイアンマン(ロバート・ダウニーJr.)もキャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)も、彼らの意に反して集められたため、なかなかチームとして機能しません。彼らがいがみ合うのを、「人間はくだらない」とソーがバカにする、そんな小競り合いにはハラハラさせられますが、だからこそ彼らが団結した時は最高に胸が熱くなります。

ちなみに、本作でソーが初登場するシーンは、ロキの企みを止めるべくアスガルドから稲妻と共に現れるという、かなりドラマチックな見せ場になっています。また、ハルクがムジョルニアを持ち上げられないことが判明するソーとハルクのバトルや、ロキがハルクを天敵とみなすきっかけとなるシーンなど、見どころは盛りだくさんです!

こじれ続けるロキとの関係、そしてアベンジャーズの進化

マイティ・ソー/ダーク・ワールド
マイティ・ソー/ダーク・ワールド
©2014 Marvel
アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
© 2015 Marvel
ドクター・ストレンジ
ドクター・ストレンジ
© 2017 MARVEL

「アベンジャーズ」の戦いから1年後を舞台にした「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」(2013年)。ロンドンで発生した重力異常を調査する過程で、ソーの恋人ジェーンが地球滅亡の鍵となる“ダーク・エルフの力”を体に宿してしまい、アスガルドと全宇宙に危機が訪れてしまいます。その危機に立ち向かうため、ソーは宿敵であるロキを牢獄から出し、共に戦うことを決意。

マイティ・ソー/ダーク・ワールド
マイティ・ソー/ダーク・ワールド
©2014 Marvel

ロキが魔術でキャプテン・アメリカに変身してはしゃいでみせたり、ソーの宇宙船の操縦の下手さを皮肉る微笑ましいやり取りなど、ソー&ロキ兄弟に萌えるファンにはたまらないシーンが満載。また、ソーがコスチュームを着たまま電車に乗って戦場へ向かったり、ユニークなシーンの多い作品です。

そしてアベンジャーズが再結集する「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」(2015年)。彼らの相手となるのが、トニー・スタークが密かに開発を進めていた平和維持システム、人工知能“ウルトロン”。進化と増殖を続けるウルトロンが目指す平和は、トニーが描いていたものとは違い、人類抹消を意味していたのです。

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
© 2015 Marvel

この作品の中で、アベンジャーズの面々がラフな姿でパーティを楽しむシーンが出てきます。そこでソー以外のメンバーが”ムジョルニアを持ち上げられるのか?”を順番にチャレンジ。持ち上げられないメンバーを見て満足げなソーが、あるメンバーが持った時に見せる焦りともとれる表情が愉快。さらにトニーと彼女自慢で張り合ったりと、コメディ的なシーンのほか、本作のソーは、新キャラクター・ヴィジョン誕生に関わる重要な役目を担うなど、大活躍なんです。

最後に、マーベル・コミックスの中で唯一“魔術”を武器とするヒーローの誕生を描いた「ドクター・ストレンジ」(2016年)では、エンドクレジット後にソーが登場。ベネディクト・カンバーバッチ演じるドクター・ストレンジと、「マイティ・ソー バトルロイヤル」にもつながる会話を繰り広げているので、要チェックです!

ドクター・ストレンジ
ドクター・ストレンジ
© 2017 MARVEL

まとめ

MCU作品は、各キャラクターの背景や人物描写がしっかりしていることで、物語に深みを与えています。なので、ソーに注目しただけでも、簡単には語りつくせないほどの魅力がいっぱい! 2018年4月には、そんなMCUのヒーローたちが大集結する「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」も公開! 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」や「スパイダーマン」「ドクター・ストレンジ」、さらには新ヒーロー「ブラックパンサー」(2018年3月1日に単独映画が公開)の参戦も発表されているので、MCU全作品を予習復習して、臨みたいですよね!

最新記事