2018.09.06木曜日

このエントリーをはてなブックマークに追加

コラムcolumn

「勇者ヨシヒコ」「銀魂」などコメディのヒットメーカー・福田雄一監督の、“笑”撃演技を引き出す先見性!

竹内涼真
「銀魂2 掟は破るためにこそある」 2018年8月17日(金)全国ロードショー
配給:ワーナー・ブラザース映画
© 空知英秋/集英社 ©2018 映画「銀魂2」製作委員会

「勇者ヨシヒコ」シリーズなど独特のコメディ作品で知られる、今最も忙しい監督・福田雄一。映画「銀魂」(ぎんたま)を2017年の実写邦画No.1ヒットに導き、8月17日からは続編「銀魂2 掟は破るためにこそある」が公開、10月からは連続ドラマも放送開始と、勢い止まらぬ“福田ワールド”。笑いにどん欲な怪優たちの演技にドはまり注意!

大ヒットした前作から約1年で映画「銀魂」続編が公開!

銀魂
銀魂
©空知英秋/集英社 ©2017 映画「銀魂」製作委員会

週刊少年ジャンプ(集英社)で連載中の、空知英秋による人気漫画を実写化した映画「銀魂」。監督・脚本を務めた福田雄一のもと、主演・小栗旬を中心に豪華キャストが集結し、最終興行収入38.4億円という、2017年の実写邦画No.1ヒットを記録しました。

それから約1年という異例の早さで公開される、続編「銀魂2 掟は破るためにこそある」。主人公の“銀ちゃん”こと坂田銀時役の小栗旬、銀時が営む万事屋(よろずや)メンバーの新八役・菅田将暉、神楽役・橋本環奈や、真選組の土方役・柳楽優弥、沖田役・吉沢亮、近藤役・中村勘九郎といった続投キャストに加え、福田作品初参加の三浦春馬、窪田正孝ら豪華な新キャストが続編を盛り立てています。

今回実写化されるエピソードは、原作でも人気の“真選組動乱篇”と“将軍接待篇”のハイブリッド。金欠で家賃が払えずバイトを決意した万事屋の3人が、行く先々のバイト先で将軍・徳川茂茂(勝地涼)とまさかの遭遇。同じ頃、内紛劇により真選組は創設以来最大の危機を迎え、やがて将軍をも巻き込む陰謀につながり、江戸中で大騒動が勃発。真選組の騒動の始まりとなるのが、鬼の副長、土方十四郎の別人格であるヘタレオタク“トッシー”の登場。厳格でクールな土方と、オタクなトッシーを演じ分ける柳楽優弥の怪演、万事屋メンバーとの絡みは必見。そんな俳優たちの弾けっぷりや随所に盛り込まれたパロディネタなど笑いの要素はもちろん、アクションあり、まさかの感動ありという、映画「銀魂」の魅力がパワーアップしています!

「勇者ヨシヒコ」で炸裂した福田ワールドが、エンタメ界を侵食!

勇者ヨシヒコと魔王の城 全12話【テレビ東京オンデマンド】
勇者ヨシヒコと魔王の城 全12話【テレビ東京オンデマンド】
©「勇者ヨシヒコと魔王の城」製作委員会

「銀魂」を大ヒットさせた“コメディの王者”福田雄一監督は、今の日本のエンタメ界で最も勢いのあるクリエイターと言っても過言ではありません。

「銀魂」1作目が公開された2017年は、ドラマ「スーパーサラリーマン左江内氏」(日本テレビ/堤真一主演)、舞台「ヤングフランケンシュタイン」(小栗旬主演)、映画「斉木楠雄のΨ難」(山﨑賢人主演)も手掛けています。

映画「銀魂2 掟は破るためにこそある」を公開する2018年は、6月に映画「50回目のファーストキス」(山田孝之、長澤まさみ出演)が公開され、10月からはドラマ「今日から俺は!!」(日本テレビ/賀来賢人主演)がスタート。福田監督っていったい何人いるんだ!?と思うほどの活躍ぶりです。

そんな福田監督、1990年に旗揚げした劇団ブラボーカンパニーの座長として全作品の構成・演出を担当し、舞台のかたわら放送作家としてバラエティ番組の構成を手掛けていました。その後、監督・脚本を担当したDVDシリーズ「THE3名様」(2005~2010年)、堂本剛主演のドラマ「33分探偵」シリーズ(フジテレビ・2008年、2009年)などで、存在を知った人も多いのではないでしょうか。

そして多くのファンを生んだのが、「勇者ヨシヒコと魔王の城」(テレビ東京・2011年)、「勇者ヨシヒコと悪霊の鍵」(同・2012年)、「勇者ヨシヒコと導かれし七人」(同・2016年)の「勇者ヨシヒコ」シリーズ。某国民的RPGを彷彿とさせる世界観の中、パロディなど小ネタをこれでもかと盛り込み、低予算の深夜ドラマを逆手に取った、手作り感ただようゆるさが多くのファンにハマリ、3作続くほどの大ヒット。

ヨシヒコ役の山田孝之とは、福田監督の映画監督デビュー作「大洗にも星はふるなり」(2009年)に続いてのタッグ。真面目でお人好し、「魔王より巨乳」など勇者らしからぬ発言もしてしまうヨシヒコ役は、「闇金ウシジマくん」と同じ人が演じているとは思えないかわいさ。そのほか、ヨシヒコに追従するダンジョー=宅麻伸、ムラサキ=木南晴夏、メレブ=ムロツヨシ、そしてヨシヒコたちを雲の上から見つめる仏役の佐藤二朗など、個性の強いキャラとキャストが、この人しか考えられないと思うほどマッチ。さらに、小栗旬や菅田将暉、有村架純など豪華ゲストが毎回チョイ役で登場するのも楽しく、個人的には綾野剛のケンタウロス男(1作目の第9話)がたまらなくおもしろいのでぜひ。誰もが、他の作品では見られないほど、自由な演技を楽しんでいる感じが見ていて気持ちいい!

ちなみに、この「勇者ヨシヒコ」シリーズの面白さを見て、「銀魂」の原作者である空知英秋は、福田監督なら「銀魂」を実写化できるかも、と思ったそうです。今の破竹の勢いは、「勇者ヨシヒコ」あってこそですね。

佐藤二朗&ムロツヨシをはじめ俳優を見出す目のスゴさ

勇者ヨシヒコと悪霊の鍵 全11話【テレビ東京オンデマンド】
勇者ヨシヒコと悪霊の鍵 全11話【テレビ東京オンデマンド】
©「勇者ヨシヒコと悪霊の鍵」製作委員会
勇者ヨシヒコと悪霊の鍵 全11話【テレビ東京オンデマンド】
勇者ヨシヒコと悪霊の鍵 全11話【テレビ東京オンデマンド】
©「勇者ヨシヒコと悪霊の鍵」製作委員会
女子ーズ
女子ーズ
© 2014「女子ーズ」製作委員会
アオイホノオ 全11話【テレビ東京オンデマンド】
アオイホノオ 全11話【テレビ東京オンデマンド】
原作/島本和彦「アオイホノオ」(小学館「ゲッサン」連載中)© 島本和彦・小学館/「アオイホノオ」製作委員会

そんな福田作品に必要不可欠な存在、福田組の風神雷神と言われるのが、今や個性派俳優として引っ張りだこの佐藤二朗とムロツヨシ。それぞれ10年以上前に出会って以来、20作以上の福田作品に出演しています。

佐藤二朗といえば、雲の上からヨシヒコ一行に旅のお告げを伝える「勇者ヨシヒコ」の仏役や、脂ギッシュな色黒&袖なしジージャン姿の「アオイホノオ」のMADホーリィ役などの印象が強烈。ムロツヨシは、「勇者ヨシヒコ」では使い道のない微妙な呪文ばかり覚える魔法使いのメレブ、「スーパーサラリーマン左江内氏」ではくせ者刑事・小池役などを怪演。

それぞれシリアスな役柄もこなせる2人ですが、福田作品ではとにかく全力でふざけています。セリフなのかアドリブなのかわからない、とにかく笑えとばかりに畳みかけてくる自由な演技は、一度見ればハマって抜け出せなくなるパワーがあります。あのマジメな“おふざけ感”は、どんな人も虜にする福田ワールドを象徴しています。

そしてムロツヨシは42歳にして、“将来性のある俳優”に贈られる「2018年エランドール新人賞」を受賞。授賞式では、今ほど仕事のなかった30代の頃に自分を見出してくれた存在として、福田雄一監督への感謝の思いを語っていました。プレゼンターとして登場した福田監督は、ムロは「人を元気にできる役者」であり、自身も勇気づけられたというエピソードを語り、絆の深さを感じさせていました。素敵な関係!

ちなみに、同じく「2018年エランドール新人賞」を受賞した吉岡里帆は、まだまだ無名だった2015年、映画「明烏」のヒロイン役に福田監督がオーディションで抜擢しています。ホストクラブを舞台にした1シチュエーションコメディで、主演の菅田将暉やムロ&佐藤ら芸達者な俳優たちの中、大口を開けた変顔で泣きわめくフリをしたり、全力でコメディエンヌぶりを見せています。

ほかにも、女性ばかりの戦隊ヒーローがゆるーく活躍する「女子ーズ」(2014年)では、桐谷美玲をはじめ、藤井美菜、高畑充希、有村架純、山本美月といった、今では超豪華な女優たちが集結していて、先見の明も確かな福田監督。工事現場の作業員など、高畑充希が見せるさまざまな仕事着姿や、普段は素直でかわいい劇団員役の有村架純が、ぶちぎれるシーンは見ものです。

そんな福田作品が、俳優にとって新たな演技の幅を広げる場になっていることも。例えば、ドラマ「アオイホノオ」(2014年)で初のコメディ作品に出演した柳楽優弥。それまでは、影があって暗いイメージの役柄が多かった柳楽が、変顔や絶叫したりと熱血キャラをイキイキと演じる姿は新鮮で、柳楽自身にとっても演技を楽しめる大きな転機になったようです。

「銀魂」「斉木楠雄のΨ難」(2017年)に出演している吉沢亮や橋本環奈なども、振り切った演技で新たな一面を見せ、今まさに進化していますよね。

俳優たちの可能性を期待し、俳優たちの全力のコメディ演技に誰よりも笑って楽しむ福田雄一監督。SNSで、自身の誕生日にこれまでの作品に出演してきた豪華俳優たちが集まってくれたことを投稿し話題を集めましたが、俳優たちからいかに信頼され愛されているかが分かりますね。

まとめ

俳優と監督が楽しみながらとことん笑いを追求している福田作品。見る方は気負わず気楽に笑いに身をゆだねれば、自然とハマってしまいますよ。ムロツヨシ&佐藤二朗の安定の怪優ぶりはこれからも楽しみですが、柳楽優弥、山﨑賢人、吉沢亮らに続いて、これからどんな新たなイケメン俳優が福田ワールドに引き込まれていくのか、それも楽しみです!

最新記事