2018.03.12月曜日

presented by

このエントリーをはてなブックマークに追加

注目の人People

ANIMA=魂が躍動するダンスムービー

服部彩加 × 小柳友
撮影・蔦野裕

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭のオープニングを飾った『ANIMAを撃て!』が公開される。ヒロインの服部彩加は、映画初出演で初主演を務めた。

服部「正直、すべてが初めての事なので、辛さや大変さは感じませんでした。また、小柳さんが気さくに話しかけて下さり、現場でもムードメーカーになってくださって、とてもいい雰囲気で撮影できました」

小柳「映画初出演で初主演っていうのは、なかなかないと思うので、その相手役と聞いて最初はプレッシャーを感じるかなと思ったんですけど、とても楽しくできました。ただ、“先輩ってこんな感じだったかな?”と。自分の見ていた先輩の背中はもっと格好良かった気がします(笑)」

主演の2人は自分の踊りに迷うダンサーと、夢をあきらめたドラマーを演じる。

服部「私が演じる果穂はクラシックバレエだけではなく、別のダンスでも表現してみたいと思いコンテンポラリーダンスの世界に飛び込もうとする女の子。実際、私もバレエから新体操や競技ダンスに移ったという経緯があり、そういう意味では、感情移入しやすかったです」

小柳「自分自身昔ドラムをたたいていたことがあり、久しぶりに触れてみて、自分は本当にドラムが好きだったんだなと思い出せてもらいました。これまで全編ダンスとドラムを組み合わせた映画はなかったし、しかもコンテンポラリーダンスというのも珍しいので、すごく新鮮で、新しい映画だと思います。セリフはすごく重要だと思うんですけど、この映画に関しては、むしろ最初から最後までセリフがなくても、成り立つのでは…というくらい、言葉を超えた表現ができたと思います」

すれ違いながらも魂をぶつけ合いながら作品を作り上げていくダンサーとドラマー。それぞれの夢の場所からはどんな景色が見えるのか。音楽と肉体で表現される2人の演技に注目!

『ANIMAを撃て!』

3月31日(土)新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー

最新記事