2018.06.15金曜日

presented by

このエントリーをはてなブックマークに追加

注目の人People

『劇場版ドルメンX』でキラキラMAX!

志尊淳×浅香航大
Cinema Interview

気づかれずに地球征服をするためトップアイドルを目指すイケメン宇宙人たちの、アイドル×青春×サクセスストーリー! 高木ユーナの同名人気コミックを人気俳優をそろえ実写化し話題を呼んだ深夜ドラマが、追加シーンを加え映画化! 「隊長」役の志尊淳とイチイ役の浅香航大が俳優×アイドルの醍醐味を語る! 

イケメン宇宙人たちが思いついた地球征服の手段、それはトップアイドルになって地球人をトリコにすること!  グループの“隊長”を演じるのは現在放送中のNHK連続テレビ小説『半分、青い。』で人気沸騰中の志尊淳。努力家で負けず嫌いなメンバー・イチイ役にドラマ、舞台、映画と幅広く活躍する浅香航大。チームの見事なアイドルっぷりを見ると、この劇場版で“アイドル卒業”はもったいない…!

志尊淳×浅香航大
撮影・辰根東醐
左・志尊淳:ヘアメイク・仲田須加 スタイリスト・手塚陽介
右・浅香航大:ヘアメイク・泉脇崇 スタイリスト・根岸豪

浅香航大(以下:浅香)「お芝居だからいいんです(笑)」

志尊淳(以下:志尊)「キラキラも見せられるんだぞ、と(笑)。それに映画の反応しだいでは、どうなるか分からないですよ」

浅香「でも彼らは宇宙人で年を取らない設定だからね」

志尊「僕らが年を取らないうちに続編を作らないとね(笑)」

もし俳優とアイドル、どちらを選ぶかを迫られたとしたら…?

志尊「僕は分からないかな…。今、俳優としてすごく充実していますけど、俳優以外の仕事を知りませんからね。アイドルという職業にも、実際に経験してみないと分からないことはいくらでもあると思うんです。今回、役を通してアイドルの世界を疑似体験して、アイドルをしている知人が“ライブは一度、舞台に立ったらやめられない”と言っていた気持ちも分かりましたし、華やかさの裏での葛藤や努力に共感も持ちました」

浅香「僕は俳優を選びますね。今回の体験で、自分は俳優のほうが向いている気がしたんです。もちろん華やかさやライブの達成感は圧倒的だと思うんですけど、同時にアイドルの大変さを感じたんです。アイドルとして存在することを求められる、それに応えることができるというのは本当にすごいことだと思います。役として演じる分には、どんな刺激やプレッシャーも楽しめますけど、存在において求められるというのは、相当大変でしょうね」

志尊「そうだよね。アイドルって歌も芝居もトークも何でもできるイメージだったけど、それまでには隊長のような努力があるわけで。それを見せないのがアイドルの輝かしさなんだなと、改めて実感しました」

俳優という仕事も同じ。

志尊「俳優業の魅力をあげるときりがないんですけど、いろいろな疑似体験ができる、役を通してさまざまな人生を生きられることが大きいですね。作品を通して、あらゆる感情を見る人に伝えることができる」

浅香「普段の日常ではあまり体験しない感情を疑似体験して表現するのは、刺激的だし楽しいですね。でも今はアイドルと俳優の境界線がどんどんなくなってきているんじゃないかという気もする」

志尊「確かに。俳優として活躍するアイドルの人は多いし、歌がすごく評価される俳優さんもいるし」

浅香「だから俳優とは、とかアイドルとは、と分ける必要は無いのかもしれない。一つの作品を作ってお客さんに届けるのは、俳優もアイドルも同じ」

一見クールだが、ピュアでがむしゃらな隊長と、一見お調子者だが繊細で負けず嫌いな情熱家のイチイ。そんな役どころと本人の違いは?

志尊「僕の中ではもう、航大くんが演じるイチイという存在が確立していて表裏一体なんですよね。もちろん本人とは別人格だけど、イチイ役は航大くんしかイメージできない。原作のイチイというキャラクターを航大くんが膨らませて生み出したのがこのイチイだと思います」

浅香「ダンスの練習とかけっこうきつかったんですけど、志尊くんがメンバーを引っ張ってくれて。それが隊長役だったからなのか、志尊淳という人だからなのかは分からないけど、おかげで素晴らしいチームができたのは確かだと思います。今回、志尊君と仕事するのは2回目で、お互いに信頼関係があったから隊長とイチイという関係性も自然に表現できたと思います。あと、隊長はちょっと抜けてるところもあるキャラだけど、志尊君は俳優としてすごく貪欲。ギャグシーンでも、セリフの言い方やアドリブなど、真剣に挑戦していた(笑)」

志尊「むしろそっちに命かけてたかも(笑)。ダンスの練習も大変だったけど、本作ではどちらかというとそれぞれのキャラクターを表現する振り付けで僕がリーダーとしてどうこうというより、皆がそれぞれ自分のダンスを極めていたと思います。僕自身は、ダンスで芝居をするというのがすごく楽しかったですね」

そんなダンスと歌を大きなスクリーンで堪能できるのも劇場版の魅力。

志尊「映画館のスクリーンと音響で見るライブシーンは、本当に見ごたえあると思います。ぜひ“応援上映”とかやってもらいたいですね(笑)。劇場版では、一つの物語として再構成されているのも、また楽しんでもらえると思います」

浅香「劇場版では新たに15年後のシーンが追加されているのも見どころですね」

志尊「宇宙人である彼らが気づかぬうちに人間味を増しているというか、人として成長することの輝きを感じることができる作品に仕上がっています」

浅香「最後に“年を取ることは、こんなに美しいんだな”というセリフがあるんですけど、あれ僕すごく好きなんですよ。あれは言う本人も純粋でなければ言えないセリフだと思う」

2人とも15年後も自分らしく輝き続けているはず。

(TOKYO HEADLINE・秋吉布由子)

『劇場版ドルメンX』

監督:小室直子 出演:志尊淳、浅香航大、小越勇輝、玉城ティナ、桐山漣他/1時間48分/KATSU-do配給/6月15日(金)より全国公開 http://dolmenx_movie.official-movie.com/ ©高木ユーナ/小学館 ©018「劇場版ドルメンX」製作委員会

最新記事