特集 Special Feature

劇場公開最新映画「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」2月22日(金)全国順次ロードショー

2月22日(金)全国順次ロードショー 母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。

母が遺した“愛のかたち”とは?感動の実話を映画化

平凡でユーモラスな宮川家の日常は、母、明子が突然がんを宣告されたことで変化していく。 息子サトシは恋人の真里(松下奈緒)に励まされながら母のために日々、奔走する。

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。

――シリアスなテーマの作品ですが、出演を決めたポイントは何ですか。

僕自身はいただいたお話は断ったことがないんですよ(笑)。原作を拝読し、淡々としながらも、そこに流れているものは温かさだったり、独自の笑いであり涙である気がしました。ですから、この作品も温かく穏やかなものにしたいと思いました。病気に向き合う辛さや怖さだけではなく、残された人たちの生活やユーモアを届けたいと思って演じました。

――安田さんご自身の家族と重なる部分はありましたか。

撮影中は自分の家族に重ね合わせることはしませんでした。原作者の宮川さんの故郷である大垣の景色や大森組の現場の雰囲気、共演者とのコラボレーションなど、自分の家庭環境とは切り離して臨める環境を用意していただけたことに感謝しました。撮影中は宮川さんと宮川さんのお母様に対する思いを意識して演じました。自分の家族、母や父のことを思い出したのは、出来上がった作品を観た後です。

――母親役の倍賞美津子さん、父親役の石橋蓮司さんとの共演はいかがでしたか。

倍賞さんは、とてもチャーミングで素敵な方です。お芝居に対する姿勢が本当に素晴らしくて、動作の一つひとつに心の襞が見えるんです。これが俳優さんなんだと思い知らされました。蓮司さんは、そこにいて何気ない表現一つで映画になるんです。そこにいるだけで映画になる、はあ、すごいなと。

――そんな名優の方々に囲まれて主役をやるプレッシャーはありましたか。

正直、そういったプレッシャーを感じる余裕がありませんでした。「もう、やるしかない」という思いだけでした。ただ、いい作品にしたいという思いがとても強くて、それに対するプレッシャーはありました。

――これからこの作品を観る方々に向けて一言どうぞ。

「遺骨を食べたい」と思うことって、怖いことではなく素敵なことだと感じてもらえると思います。僕はこの作品を観た後で、人に優しくしたい、優しく接したい、という気持ちになりました。そんな映画です(笑)。皆さん、ぜひご覧ください。

あらゆる役で存在感を発揮する個性派俳優

安田顕 KEN YASUDA

’73年生まれ、北海道出身。演劇ユニット「TEAM NACS」での活動を始め、映画、ドラマなどで硬派な役から個性的な役まで幅広く演じる。近作に、『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』(’18)、『愛しのアイリーン』(’18)など。劇場公開待機作に『ザ・ファブル』(’19)がある。

現在提供中!ひかりTVのビデオサービスで見られる安田顕の出演作品をチェック!

エントリープラン・バリュープランの
お申し込み

インターネットで簡単お申し込み
エントリープラン・バリュープランの
お問い合わせ
10:00~19:00 (年中無休)

通話無料009192-144

ひかり電話などからおかけの場合※
0120-001144

  • NTT東日本・NTT西日本のひかり電話、NTT東日本・NTT西日本以外の固定電話、IP電話、PHS、及び公衆電話など。携帯電話不可。

最大2ヶ月無料!

インターネットで簡単申し込み
ひかりTVのお申し込み
ひかりTVのお申し込み
資料請求
お電話で相談しながら申し込み

通話無料009192-150

ひかり電話からおかけの場合0120-577150

ひかり電話からおかけの場合
0120-577150

ぷらら入会センタ 10:00~19:00 (12/29~1/3を除く)