特集 Special Feature

クリミナル・マインド シーズン13

クリミナル・マインド シーズン13(字幕・吹替)

スーパー!ドラマTV(Ch451)
11月4日(月)22:00スタート!
【字幕】毎週(月)24:00ほか
【吹替】毎週(月)22:00ほか

凶悪連続殺人事件 vs 《BAU(行動分析課)》、
残虐な殺戮に、壮絶な死闘、そして予測不能な結末 ―
戦慄の犯罪プロファイリング・アクション決定版!衝撃のシーズン13。

ストーリー

前シーズンのラストでは、シリアルキラー、ピーター・ルイス(ひっかき男)の罠にはまり、大事故に巻き込まれた《BAU》のメンバー。
ガルシアが元IRT(国際捜査班)のマット・シモンズと共に現場へ駆けつけるが、ウォーカーが死亡、プレンティスは拉致されていた。
その深刻な被害状況と共に波乱の幕開けとなる今シーズンは、不動のリーダー、アーロン・ホッチナーも去り、改めてメンバーの結束が求められる中、次々と起こる凶悪犯罪に対し試練の日々が続く―。

クリミナル・マインド シーズン13 場面写真

  • 場面写真
  • 場面写真
  • 場面写真
  • 場面写真

キャラクター

  • デヴィッド・“デイヴ”・ロッシ(ジョー・マンテーニャ)

    デヴィッド・“デイヴ”・ロッシ(ジョー・マンテーニャ)

    BAU創立メンバーであり、過去数々の難事件を解決した伝説のプロファイラー。一度引退した後は著作や講演会、コンサルタント業で活躍していた成功者だったが、自ら志願し、ホッチナーの部下として現場に復帰する。3度の離婚歴があり、現在は2番目の元妻ヘイデンと復縁している。
  • ドクター・スペンサー・リード(マシュー・グレイ・ギュブラー)

    ドクター・スペンサー・リード(マシュー・グレイ・ギュブラー)

    IQ187の天才的頭脳を持つ若手捜査官。高校を12歳で卒業し、飛び級で入学した大学では数学、化学、工学、心理学、社会学、哲学という幅広い分野の学問を学んだ。文章を読むスピード、記憶力も常人離れしている。以前犯人に拉致・拷問された記憶から逃れるために麻薬中毒に陥りそうになったことがある。アルツハイマー病を患う母ダイアナを大切にしている一面も。
  • ペネロープ・ガルシア(カーステン・ヴァングスネス )

    ペネロープ・ガルシア(カーステン・ヴァングスネス )

    クワンティコにあるBAUの自室で多数のPCを操り、インターネット、FBI・各地警察など公的機関のデータベースから、捜査に必要な情報を天才的なスピードで収集し、BAUの捜査官たちを支える技術分析官。極めて陽気な性格。両親はヒッピーだったが彼女が18歳の時に交通事故で死亡。その後グレてカリフォルニア工科大を中退して引きこもっていた。暗号学は独自で続けていて、トップクラスのハッカーに。そのためFBIにリクルートされた。今は仕事以外でもボランティアで殺人被害者の遺族のカウンセリングをしている。
  • ジェニファー・“JJ”・ジャロウ(A・J・クック)

    ジェニファー・“JJ”・ジャロウ(A・J・クック)

    ルックスはキュートで仕事もデキる女性捜査官。BAUでは当初、連絡調整及び渉外担当として活躍しており、その手腕を買われて、アメリカ国防総省の強い要請を受けて転任。その数年後に、プロファイラーとしてBAUに復活。ラモンテーン刑事との間にもうけた息子の子育てで悩んでいる。シーズン10で二人目の妊娠が発覚、産休に入るが復帰。ワーキングマザーとしての顔も持ち、その抜群なスタイルをキープしている。
  • タラ・ルイス(アイシャ・タイラー)

    タラ・ルイス(アイシャ・タイラー)

    犯罪精神医学者。司法心理学を専門とするドクターで、刑務所に収監された連続殺人犯を自らインタビューして研究する。その冷静沈着な分析力が認められ「面接」に合格し、シーズン11からBAUに参加することとなった。婚約中の相手がいたが、仕事にひたむきであるがゆえに婚約者との間に溝が生じ、婚約は解消に……。
  • エミリー・プレンティス(パジェット・ブリュースター)

    エミリー・プレンティス(パジェット・ブリュースター)

    ホッチが新人時代に警護についた大使の令嬢で、イェール大を卒業後FBIに入局しキャリアを積んだ捜査官。BAUに異動になった直後は、親の七光りではないかとホッチが疑念を抱くが、たちまちその有能さを発揮し認められることに。アラビア語、スペイン語、ロシア語など語学に堪能で、リード並みの博識を誇る才女である。一度姿を消したが、ある事件をきっかけに再びBAUに復帰。その後インターポールに転職したが、ホッチ不在のBAUにリーダーとして再復帰。今シーズンでは、大事件に巻き込まれたことにより、仕事を続けるか迷う場面も。
  • ルーク・アルヴェス(アダム・ロドリゲス)

    ルーク・アルヴェス(アダム・ロドリゲス)

    FBI逃亡者特捜班所属の捜査官。前シーズンで脱獄したシリアルキラー13人を捕らえるためにBAUに出向。その捜査中にロッシにその腕を買われ、悩んだ末BAUの正式メンバーとなる。
  • マシュー・シモンズ(ダニエル・ヘニー)

    マシュー・シモンズ(ダニエル・ヘニー)

    元IRT(FBI国際捜査班)の捜査官。IRTの解散を機に、BAUのメンバーとなった。私生活では愛妻家で、双子を含む幼い4人の子どもを持つ。

11/3日~ クリミナル・マインドFBI VS.異常犯罪シーズン1~12が見放題!