特集 Special Feature

秋ドラマ 配信・放送決定!!

2020年10月よりひかりTV、dTVチャンネルにて順次配信!BS12 トゥエルビにて放送!

動画

  • ドラマ『カレーの唄。』予告編

  • 特別映像<陽一郎編><二汰編>

配信・放送情報

【配信】

  • ・ひかりTV 10/1(木)スタート 毎週木曜23:00~23:30
  • ・dTVチャンネル  10/3(土)スタート 毎週土曜23:30~24:00

【放送】

イントロダクション

カレーをモチーフに、満島真之介&鈴鹿央士のコンビで
男同士の絆を描いた、ハートウォーミングな物語

2人の男がカレーを通じて絆を深める様を描いた連続ドラマ「カレーの唄。」が、2020年10月、配信・放送スタート決定!
両親に捨てられ、世界中を放浪しながら、一人で生きてきた男・天沢陽一郎役を演じるのは、2019年、ドラマ「白い巨塔」、「全裸監督」、映画『キングダム』など話題作に多数出演、2021年には、ドラマ「青天を衝け」、「全裸監督 シーズン2」の他、待機作を多数控え、本作が連続ドラマ初主演となる満島真之介。
優秀な弟にコンプレックスを抱く、芸術家志望の内気な大学生・鈴木二汰役を演じるのは、2019年に公開された映画デビュー作『蜜蜂と遠雷』で、日本アカデミー賞、キネマ旬報ベスト・テン、毎日映画コンクール、報知映画賞など、映画賞の新人賞を総なめにした鈴鹿央士。
さらに、身寄りがない陽一郎を助ける、情に厚い下町の不動産屋経営者・清川薫子役に、ドラマや映画など多方面で活躍中の演技派・森口瑤子が扮し、二汰が片思い中の、同じ大学に通う女子学生・森まどか役を、2019年のドラマ「ココア」で主演を務めた出口夏希が演じる。
全12話各話ごとに異なる多種多様なカレーも見どころの1つで、都内有名店、隠れた名店の他に、ハウス食品と共同開発したレシピのカレーや、店舗数1位のギネス世界記録™を持つココイチが登場!主人公・陽一郎が悩みを抱えた登場人物を誘い、おすすめのカレーを一緒に食べながら、相手の悩みを解決する。
オリジナル作品に定評のある、脚本・山﨑佐保子と瀬田なつき監督のタッグにより生まれた、食欲と心を満たす新ドラマ「カレーの唄。」にどうぞご期待ください!

ストーリー

両親に捨てられ、世界中を放浪しながら、一人で生きてきた男・天沢陽一郎(満島真之介)は、あるトラブルをきっかけに、芸術家志望の内気な大学生・鈴木二汰(鈴鹿央士)と出会う。お金がない陽一郎は、助けたことを口実に二汰にカレーをおごらせると、ポツリと家族について語りだす。清川不動産の清川薫子(森口瑤子)は、アパートの管理人だったことが縁で、陽一郎の亡き父の遺骨を預かっている。陽一郎が毎日カレーを食べ歩くのには、何か深い理由があるようで…。

カレー紹介

インドからイギリスを経て日本に辿り着いたカレーという魅惑の食べ物を日本人は様々に変容し愛して来た。主人公・陽一郎は毎話悩める町の人々と共にカレーを食べることで相手の心を解きほぐす。カレーは多様性と包容の象徴だ。ドラマには実在のお店やオリジナルレシピが登場する。是非お店で、おうちで、陽一郎と同じ味を楽しんで欲しい。

1皿目「骨付きチキンカレー」

1皿目「骨付きチキンカレー」

陽一郎と二汰が初めて一緒に食べるのはスリランカスタイル(盛合せ)のカレー。仄かな甘みと独自ブレンドのスパイスの香るブレンドカレーと小麦粉を使用せずスパイスだけで作った骨付きチキンカレーのあいがけ。2種のルーとミール3種の食感は味の変化も楽しくスプーンが止まらない。カレーを食べ終わった陽一郎が想いを馳せるのは・・・。角川食堂では劇中に登場するカレーをはじめ週替わりで様々なカレーが食べられる。

撮影場所は曳舟 キラキラ橘商店街の入口に位置するシェアカフェBUNKAN。歴史ある建物をリノベーションした心落ち着く空間で日替わりで店主が変わるユニークなお店。

角川食堂(料理協力)

所在地:埼玉県所沢市東所沢和田3-31-3ところざわサクラタウン3階
定休日:不定休
営業時間:(月)~(金)8:30 ~ 17:00(土日祝:11:00~17:00)
URL:https://kadoshoku.jp/

ロケ地:爬虫類館 分館‖Reptile Branch
所在地:東京都墨田区京島3-17-7 爬虫類館 分館
営業時間:(月)~(金)8:30~25:00(土日祝10:00~)
定休日:昼不定休・夜火曜日
URL: https://ja-jp.facebook.com/hacyuuuruikanbunkan

※新型コロナウィルス感染症対策により、営業時間、定休日等を変更する場合があります。最新情報は公式SNSにてご確認ください。

2皿目「中華風カレー」

2皿目「中華風カレー」

「ラーメンが好きだ」と言う二汰を「中華が好きなのね」と陽一郎が連れ行ったのは明治22年創業の老舗 神楽坂龍公亭。注文したのはもちろんカレー。一見中華丼だが炒めた海鮮と野菜の旨味が餡=ルウに溶け込んだ大変上品なカレー。中華丼は日本人がアレンジした中華料理として有名だが更にアレンジを加えカレーにしてしまうという食への探求心を感じる一皿。

神楽坂 龍公亭

所在地:東京都新宿区神楽坂3-5
定休日:日曜日
営業時間:11:00~15:00/17:00~22:00
URL: http://www.ryukoutei.net

※新型コロナウィルス感染症対策により、営業時間、定休日等を変更する場合があります。最新情報は店舗にご確認ください。

ベジタブルミールス

3皿目「ベジタブルミールス」

陽一郎が若者たちを宥め連れて行ったのは南インド料理を提供するミナミキッチン。ミールスとは米を主食にカレーと副菜が複数並ぶ“インドの定食”とも称される南インドの料理。個々の堪能しつつ、混ぜ合わせることで新たな味が生まれるワクワク&驚きのあるカレーだ。このお店のミールスはインド人シェフの絶妙なスパイス使いで本場の奥深さを存分に堪能することが出来る。ちなみにお店が位置する江東区と隣接する江戸川区には都内の4割のインド人の方々が暮らしており本格的なインド料理が食べられる店が数多くあるカレー激戦区だ。

ミナミキッチン

所在地:東京都江東区大島4丁目13−5
定休日:不定休
営業時間:11:00~15:00/17:00~22:00
URL: http://minamikitchen.com/ 

※新型コロナウィルス感染症対策により、営業時間、定休日等を変更する場合があります。最新情報は公式サイト、店舗にてご確認ください。

4皿目 欧風カレー

4皿目「欧風カレー」

悩める一汰を陽一郎が連れて行ったのは築地に位置する「ドイツ料理ピラミッド」。樽生ビールで煮込まれたビーフカレーはお肉がホロホロ。ルウにかけられた生クリームのコクも相まって滋味深く何とも複雑な味わい。ライスの上のマッシュポテトと選べるトッピングのザワークラフトはドイツ料理屋さんならでは。ドイツでカレーでピラミッド?!その理由は是非お店で確かめて欲しい。

ドイツ料理ピラミッド

所在地:東京都中央区築地2-12-16 イースト銀座ビル B1F
定休日:日・祝
営業時間:(月)~(金)11:00~15:30(L.O.15:00)/17:00~23:00(L.O.22:30)
(土)11:00~15:00(L.O.14:30)/ 17:00~23:00(L.O.22:30)
URL:https://www.hotpepper.jp/strJ000839220/

※新型コロナウィルス感染症対策により、営業時間、定休日等を変更する場合がありま す。最新情報はお店にご確認ください。

相関図 キャスト&キャラクター

相関図

出演者コメント

  • 満島真之介
  • 満島真之介

    天沢陽一郎役(根無し草の放浪青年)
    「カレーは寛大なんだよ。国境も越える。」
    山﨑佐保子さんのオリジナル脚本に心を奪われたことから全てが始まりました。
    人生にはカレーがある。
    それは我々日本人の持つ不思議な共通点なのかもしれない。
    僕にとってカレーは、人間関係のお手本であります。
    それぞれの具材が絡み合い高め合う。
    ゆっくり時間をかけて煮込むことで、そこにしかない独自の味が出来上がる。
    簡単なようで難しく、奥が深くて終わりがない。
    このドラマもカレーのように、素敵な仲間との出会いと縁が絡み合い、心温まる味わい深い作品が出来上がりました。
    『カレーの唄。』が皆さんの心と胃袋を刺激し、愛で満たしてくれるはずです。
  • 鈴鹿央士
  • 鈴鹿央士

    鈴木二汰役(芸術家志望の大学生)
    カレーは、日本人の生活に深く根付いた食べ物だと思います。
    それぞれの家庭の味があり、食べ方があり、カレーうどんやカレーパンやカレー味のお菓子。
    そこら中にカレーがあります。
    『カレーの唄。』を観ていると、無性にカレーが食べたくなります。
    ちなみに僕は観ながらもう食べていました。
    このドラマは、カレーのようにキャストやスタッフの方々が素晴らしく融合して、 温かくて美味しいものになりました。このドラマはまさしくカレーです。
    ちょっと何を言っているのかよく分からないかもしれませんが、本当にまさしくカレーです(笑)
    観ていて自然と笑顔になるような、幸せを感じることができる素敵なドラマです。
    是非、ご覧ください。
  • 森口瑤子
  • 森口瑤子

    清川薫子役(不動産屋の経営者)
    「カレーはね色んな想いを浄化してくれる食べ物なんだよ」
    昔むかし、カレーの神様が言ったとか言わないとか。
    この『カレーの唄。』をご覧になった皆さんは必ずカレーが食べたくなります。
    100%絶対まちがいなく食べたくなります。
    そしてカレーを食べ終わる頃には、日々の切ない出来事も、もどかしい想いも「私ってなんだか幸せじゃん?」という気持ちに変わっているから、あら不思議。
    『カレーの唄。』はそんな素敵なドラマです。
  • 出口夏希
  • 出口夏希

    森まどか役(二汰と同じ大学の学生)
    森まどか役を演じさせて頂きました出口夏希です。
    最初にカレーをテーマにしたお話と聞いてそれだけで「なんか面白そう!」とワクワクしながら台本を読ませて頂きました。
    この作品は、色んな人と出会いカレーを通して成長していくストーリーになっています。
    カレーを食べたくなるのは間違いありませんが、クスッと笑えて見終わった後には温かい気持ちになれる作品ですので、ぜひ見ていただきたいです!

キャスト・スタッフ

  • 出演:満島真之介 鈴鹿央士 出口夏希/森口瑤子
  • 原案:KADOKAWA
  • 脚本:山﨑佐保子
  • 監督:瀬田なつき、島添亮、金子功
  • 音楽:JABBERLOOP
  • 企画・プロデュース:KADOKAWA、NTTぷらら 
  • 制作プロダクション:東映東京撮影所 制作協力:PADMA
  • 製作著作:「カレーの唄。」製作委員会

音楽

JABBERLOOP NEW ALBUM「CORE」(XQNF-1007)

連続ドラマ「カレーの唄。」
主題曲「spice」・エンディングテーマ「curry-culum」収録

JABBERLOOP NEW ALBUM「CORE」(XQNF-1007)
2020年9月9日(水)リリース
http://www.jabberloop.com/

コミカライズ

「カレーの唄。」(漫画:月吉 原作:山﨑佐保子)

「カレーの唄。」(漫画:月吉 原作:山﨑佐保子)

2020年8月7日(金)より、COMIC BRIDGEにて連載スタート
https://comic-walker.com/comicbridge/