特集 Special Feature

イントロダクション
Introduction

アメリカのテレビドラマを始めとする番組や、テレビに関連する業績に与えられる賞、それがエミー賞。映画におけるアカデミー賞に相当するものだ。第71回エミー賞で、作品賞を始めとした主要6部門(作品賞、監督賞、主演男優賞、主演女優賞、助演男優賞、脚本賞)にノミネートされたのが、本作「エスケープ・アット・ダンネモラ~脱獄~」である。本作が多くの人たちを魅了したのは、ストーリーと俳優らの高い演技力によって生み出された“リアリティー”だろう。実話がベースという特異に加え、アカデミー賞俳優らの表情や細かなしぐさによって、作品はより魅力的なものに仕上がっている。物語の舞台は、最高警備と言われるニューヨーク州ダンネモラのクリントン刑務所。そこに収監されているリチャードは、ある日、自分の監房の裏に隠された空間を見つけ、脱獄計画を企てる。一方、刑務所内の縫製工場で働くティリーは、退屈な結婚生活に嫌気がさしていた。そこにリチャードと同じく刑務所に収監されているデヴィッドが、ティリーを誘惑。さらに、リチャードは脱獄にティリーを利用しようと自らも誘惑し、計画の手引きを請け負うよう持ち掛ける。

エスケープ・アット・ダンネモラ~脱獄~
エスケープ・アット・ダンネモラ~脱獄~

登場人物 Cast

  •  リチャード
    (ベニチオ・デル・トロ)

    凶悪犯罪者ばかりが収監される最高警備レベルのクリントン刑務所に服役。デヴィッドと共に、ティリーを誘惑し脱獄する計画を企てる。

    リチャード(ベニチオ・デル・トロ)
  •  ティリー(パトリシア・アークエット)

     ティリー
    (パトリシア・アークエット)

    刑務所内で縫製工場のマネージャーを務める。リチャードとデヴィッドにひかれ、脱獄計画の手引きを請け負う。

  •  デヴィッド(ポール・ダノ)

     デヴィッド
    (ポール・ダノ)

    クリントン刑務所に服役。一匹狼タイプだが、リチャードには心を許す。ひと回り以上年上のティリーを誘惑し、性的関係を持つ。

  •  デヴィッド(ポール・ダノ)

    キャサリン(ボニー・ハント)

    監察官。ニューヨーク州史上最も大胆な刑務所脱獄の原因を捜している。

  • ライル(エリック・ラング)

    ライル(エリック・ラング)

    ティリーの夫。思いやりがあるが、なぜ妻が幸せでないのか理解できていない。

  • ジーン(デヴィッド・モース)

    ジーン(デヴィッド・モース)

    クリントン刑務所の刑務官で、受刑者に優しく接する。

エピソード Episode

第1話

NY州ダンネモラにあるクリントン矯正施設で脱獄事件が起きた2015年6月の後、“ティリー”ことジョイス・ミッチェルは2人の受刑者との関係に関して取り調べを受けていた。数ヶ月前の彼女は、若き受刑者であるデヴィッド・スウェットの魅惑と、夫であるライルへの義務とのバランスを維持しながら縫製室での仕事を楽しんでいた。芸術の才能を持つリチャード・マットは、油絵を描く見返りとして看守から特別対応を受けていた。やがて彼の標的はティリーへと変わっていく。

第2話

マットはダンネモラからの脱獄を考えるが、スウェットは危険を冒すことに乗り気ではない。ティリーには縫製室内でそりが合わない受刑者がいたが、マットが手助けをする。スウェットはマットの庇護の下で享受していた自由を再び求めるようになる。

第3話

マットとスウェットは、脱出経路を塞ぐ壁などの障害を目の当たりにするも、前向きな思考を貫き諦めずに進んでいく。ティリーは自らの軽率な行動を反省し始めるも、流れに身を委ねていく。

第4話

ティリーは新しい生活を楽しみに思うあまり、夫のライルを避けるようになる。そんな中、ライルは結婚記念日に向けて特別な計画を立てていた。スウェットは脱出経路を掘り進めるも、マットが手はずを整えるだけで作業を手伝わないことに不満を持つ。

第5話

脱獄当日、少しの問題でも脱出計画を狂わせる可能性があるのをマットとスウェットは懸念している。しかし縫製室の看守が代わり、マットに恨みを持つ受刑者のサツジンが特別収容区画から戻ってきたにもかかわらず、マットは危険を冒すのを楽しんでいる。ティリーとライルは食べ放題の中華料理屋で夕食をとるが、これが運命の分かれ目となる。

第6話

それぞれの登場人物に焦点を当て、刑務所の外でのマットとスウェットの人物像を垣間見る。ティリーの本能は今も昔も変わらないようだ。

最終話(第7話~第8話)

マットとスウェットが危険を冒しながらも命をかけて逃亡する中、裏切ったティリーへの恨みを深めていく。ティリーは退院し、警察を避けようとするが、ライルや同僚は逃亡劇の進展に興味津々である。疲労もピークになり、警察にも追い込まれ、マットとスウェットの緊張も極限に達していく。ティリーは身柄を拘束され、どのように脱獄に関与していたか尋問を受ける。彼らが最も恐れていた事態が現実となっていき、3人はそれぞれが受け入れがたい真実の自分と直面する。結末はいかに。

アーカイブ

#1

#2

#3

#4

#5

#6

#最終話

注⽬ポイント Point

  • POINT1

    現実の事件がベースとなっている

    本作の一番の目玉は、2015年の夏、アメリカ・ニューヨーク州北部で起きた脱獄事件がストーリーのベースとなっていること。有罪判決を受けた2人の殺人犯が、既婚者の女性刑務所職員の手助けにより脱獄したこの事件は、“事実は小説よりも奇なり”という言葉を思い出させる。またダークユーモアにあふれていることも、本作の魅力のひとつだ。

  • POINT2

    監督は俳優としても活躍しているベン・スティラー

    映画『ナイト ミュージアム』シリーズなど、俳優として活躍するベン・スティラーがメガホンをとったのも、大きなトピック。彼は映画『LIFE!/ライフ』(’13年)で監督&主演を務めるなど、演出家としても活躍。第71回エミー賞では、本作で監督賞にノミネートされるなど、誰もが認める手腕を発揮していると言えるだろう。

  • POINT3

    アカデミー賞女優パトリシア・アークエットの演技

    本作で、第76回ゴールデン・グローブ賞リミテッドシリーズ/テレビムービー部門主演女優賞を獲得したパトリシア・アークエット。彼女は誰かに必要とされたくて必死なティリーを見事に演じており、その姿からは目が離せない。また、容姿もメイクによって普段の姿と異なっており、一見して彼女とは気づかないほどに仕上がっている。