特集 Special Feature

12.5(WED) DVD発売より早く提供開始!

カメラを止めるな!特集 業界震撼の話題作!新人監督×無名の俳優達が放つスーパー娯楽作!
カメラを止めるな!特集 業界震撼の話題作!新人監督×無名の俳優達が放つスーパー娯楽作!

INTRODUCTION

監督&俳優養成スクール・ENBUゼミナールの《シネマプロジェクト》第7弾作品。短編映画で各地の映画祭を騒がせた上田慎一郎監督待望の長編は、オーディションで選ばれた無名の俳優達と共に創られた渾身の一作だ。
脚本は、数か月に渡るリハーサルを経て、俳優たちに当て書きで執筆。他に類を見ない構造と緻密な脚本、37分に渡るワンカット・ゾンビサバイバルをはじめ、挑戦に満ちた野心作となっている。
2017年11月 初お披露目となった6日間限定の先行上映では、たちまち口コミが拡がり、レイトショーにも関わらず連日午前中にチケットがソールドアウト。最終日には長蛇の列ができ、オープンから5分で札止めとなる異常事態となった。イベント上映が終わるやいなや公開を望む声が殺到。この度、満を持して都内2館同発での劇場公開が決定した。

その後、国内では「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018」でゆうばりファンタランド大賞(観客賞)を受賞。インターナショナル・プレミアとなった「ウディネ・ファーイースト映画祭(イタリア)」では上映後5分間に渡るスタンディングオベーションが巻き起こり、アジア各国の錚々たるコンペ作全55作の中でシルバー・マルベリー(観客賞2位)を受賞。1位は750万人を動員した韓国の大作「1987」であったが、その差は0.007ポイント差と肉薄した。

無名の新人監督と俳優達が創った”まだどこにもないエンターテインメント”を目撃せよ!

STORY

とある自主映画の撮影隊が山奥の廃墟でゾンビ映画を撮影していた。本物を求める監督は中々OKを出さずテイクは42テイクに達する。そんな中、撮影隊に本物のゾンビが襲いかかる!?大喜びで撮影を続ける監督、次々とゾンビ化していく撮影隊の面々。
”37分ワンシーン・ワンカットで描くノンストップ・ゾンビサバイバル!”……を撮ったヤツらの話。

上田慎一郎監督 独占インタビュー

社会現象を巻き起こしている映画「カメラを止めるな!」。本作の生みの親・上田慎一郎監督はこの空前の「カメ止め!」ブームをどう感じているのか。
﹁劇場公開から数カ月がたったんですが、取材やテレビ、リピーターの方向けのイベント出演も増えていて、ずっと落ち着いていないんです。なので、正直なところ自分がどういう気持ちなのかをしっかり確かめる時間がないというか、目の前のことでいっぱいいっぱいな状況です。ただ、劇場に行って舞台あいさつをしたり、お客さんと触れ合う中で、すごく熱量は感じています。街で声を掛けてもらうことも増えましたし、街中で『カメ止め!』Tシャツを着ている人を見かけたり、近くで『カメ止め!』の話をしている人がいたりとか。生活の中に不意に『カメ止め!』が現れてきたとき、すごいことになってるなぁ~と実感しています」
緻密に練られたストーリーと散りばめられた伏線に魅せられリピーター続出中なのも本作の特長。
「ありがたいですよね。イベントをすると、毎回来てくださる方がたくさんいるんですよ。僕が知っている限り一番多い方で52回。40回以上見たという方も3、4人知ってます。この作品を通してコミュニティーというか、一つの輪ができているんです。この前も、「カメ止め!」ファンが集まるオフ会があって、僕や役者たちも出席して一緒にお酒を交わしながら作品の話をたくさんしました。今着ているこのパーカーもファンの方の手作りなんですよ。観客というよりはチームメートとなって一緒にこの映画を盛り上げてくれる方が多いですね」
たくさんの仕掛けがあるストーリー。見るときのポイントは?
「まず1回目は予備知識なくまっさらな状態で見てほしいです。そして、1回見ると気になるところがたくさん出てくると思うので、2回目以降は伏線の回収に注目してもらえたら。こことここがつながっているといったように、伏線がいっぱい散りばめてあるので。2、3回見たくらいじゃ全部見つけられないと思うんです。そこを楽しんで探していただけたら。それから、娘役のTシャツをはじめ、遊び心もいっぱい入っている映画。いろんな解釈ができる映画になっているので、何度も見て自分なりの解釈を見つけてほしいです。よくいいますが、かめばかむほど味が出てくる映画です」
本作のほか、上田監督作「お米とおっぱい。」「たまえのスーパーはらわた」も提供中ですが。
「『お米―』は7年前に作った映画なんですが、『カメ止め!』が王道のエンターテインメントだとしたら、自分の中の邪道な部分を使って作った映画です。もう1つの『たまえの―』はホラー映画好きの女子高生がさいたま市のPR動画を作る物語。『カメ止め!』の女子高生版と言ってもらうこともあるんですが、僕の中の物作りの楽しさを込めた映画になっています。2本とも『カメ止め!』に通ずる部分が多数あると思うので、合わせて見てもらえたらうれしいです」
上田慎一郎監督

'84年生まれ、滋賀県出身。独学で映画を学び、主な監督作に『お米とおっぱい。』('11年)『テイク8』('15年)『ナポリタン』('16年)など。本作が劇場用長編デビュー作となる。

© ENBUゼミナール

PRESENT

PRESENT

「カメラを止めるな!」を購入し、応募された方の中から抽選でオリジナルTシャツをプレゼント!

※サイズは選べません。

2018/12/5(水)~2018/12/27(木)

【応募対象】ひかりTVにご加入のお客様で「カメラを止めるな!」を購入されたお客様が対象となります。

【当選者】合計15名様

  • 下記の「応募する」ボタンから応募フォームへアクセスし、ご応募ください。
  • 当選の発表は、発送をもって代えさせていただきます。
  • プレゼントの応募状況、当選結果に関するお問い合わせにはお答えしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • ご応募は、お一人さま1回限りとさせていただきます。

最大2ヶ月無料!

インターネットで簡単申し込み
ひかりTVのお申し込み
ひかりTVのお申し込み
資料請求
お電話で相談しながら申し込み

通話無料009192-150

ひかり電話からおかけの場合0120-577150

ひかり電話からおかけの場合
0120-577150

ぷらら入会センタ 10:00~19:00 (12/29~1/3を除く)