特集 Special Feature

7.15wedひかりTV・dtvチャンネルで配信 独占撮り下ろし&SPインタビュー

NextBaseball プロ野球新常識ランキング

徹底特集!!

斎藤雅樹 小沢一敬(スピードワゴン) 佐々木久美(日向坂46) すゑひろがりず ティモンディ

プロ野球を新たな視点から楽しめるエンタテインメント番組
「NEXT Baseball~プロ野球新常識ランキング~」が、7月15日(水)に放送決定!
過去のペナントレースのデータをマニアックな切り口で集計し、ランキング形式で公開していく。

MCは、芸能界きってのプロ野球ファン・スピードワゴン小沢一敬。
アシスタントに日向坂46・佐々木久美。ゲストにプロ野球のレジェンドOB・斎藤雅樹が出演。
野球好きにはたまらないマニアックな内容を楽しんでもらうため、
放送まで3週間連続でSPインタビューをお届けします!

ひかりTV

テレビ
ひかりTVチャンネル(Ch101) :7月15日(水)21:00~

ビデオ :7月15日(水)~ 提供予定

dtvチャンネル

ひかりTVチャンネル+ :7月15日(水)21:00~

INTRODUCTION

この番組は、スポーツ科学を活用したデータ解析を行うベンチャー企業NEXT BASE社提供のデータに基づいた視点から、プロ野球を解析する全く新しい野球番組。過去のペナントレースのデータをマニアックな切り口で集計し、ランキング形式で紹介していく。
例えば、「2ストライクに追い込まれても長打が打てる打者ランキング」「2ストライクに追い込んだら必ず三振が取れる投手ランキング」「初球で必ずストライクが取れる投手ランキング」「初球に強いバッターランキング」など、コアな野球ファンでもパッとは予想がつかないようなマニアックなランキングが次々登場! さらに、NEXT BASE主任研究員の神事努が科学の見地で“野球の新説”を解説するコーナーもあり、野球好きにはたまらないマニアックな内容が盛りだくさん。

MCには、芸能界きっての野球ファン・スピードワゴンの小沢一敬。アシスタントには日向坂46の野球部女子としても知られる佐々木久美。そして、ゲストにプロ野球界のレジェンドOB・斎藤雅樹を迎える。
この番組を見れば、新たな視点で野球をさらに楽しめること間違いなしだ!

第1回SPインタビュープレゼン芸人 第1回SPインタビュープレゼン芸人

すゑひろがりず

「今回いろいろ知ることができて、野球を見るのが楽しみです」(三島) 「今回いろいろ知ることができて、野球を見るのが楽しみです」(三島)

SPインタビュー第1回はプレゼン芸人として番組に出演する、すゑひろがりずが登場。2つのランキングを紹介したすゑひろがりずに、番組収録の裏側や野球の魅力、今シーズンの注目選手などを話してもらいました。

すゑひろがりず すゑひろがりず

「珍しいすゑひろがりずの形として見ていただければ(笑)」(南條)

――最初に、この番組のオファーが来た時の感想を教えてください。

南條庄助(以下/南條)「むちゃくちゃうれしかったです! 僕はずっと野球をやっていましたから。僕ら2人とも昭和57年生まれなんですが、僕らの世代はまぁサッカー選手と半々ぐらいやけど、プロ野球選手が将来の夢っていう時代やったし。僕も小さい時からプロ野球選手になりたいと思ってたんで、こうやって仕事として野球に携われるのは、もう最高ですね」

三島達矢(以下/三島)「僕はもう不安ではないけど…。(仕事が)入ったな、っていう感じでしたね(笑)」

南條「もっとええ感じで言えや(笑)」

三島「もちろん呼んでいただけることは、すごくありがたいんです。でも僕は本当に野球の経験がなくて。相方が野球をやっているから呼んでいただいたので、ラッキーだなと。僕、自分がどっちに立ったら打ちやすいのか、とかもわかっていないレベルなので。野球の情報も『ドカベン』とか『ROOKIES』とか、漫画で仕入れた情報しかなく(笑)」

南條「これでよう通ったな、オファーが(笑)。よかったなぁ」

三島「あと『燃えろ!!プロ野球'88 決定版』っていうファミコンのソフトもやってた」

南條「32年前(笑)」

三島「でも、野球のことを考えたりしたのはそれ以来かもしれない(笑)」

――野球はやっていなくても、ファミコンではやってらしたんですね。

三島「めっちゃやってました! 広島(東洋)カープの北別府(学)選手が好きで。変わった投げ方するんですよ。よく広島カープを使ってましたね」

南條「男子では野球やったことないって珍しいけどなぁ」

三島「グローブも持っていなかったし、グラウンドに立ったこともない。ソフトボールは学校で習うので、やったことあるけど」

南條「当時はだいたい休み時間、野球とかやってたやろ。みんなが野球してる間、何してたん?」

三島「イラスト漫画部だったから。どっちかというと文系だったから、あまり…」

南條「でもホンマに、バットの持ち方とかもわかってないもんな?」

三島「どこを持てばいいのかもわからない…」

南條「三塁に走り出したりするようなタイプやな(笑)」

三島「さすがに右から走っていくのはわかるわ」

――収録を終えて手ごたえはいかがでしたか? 南條さんが三島さんにレクチャーされていた感じはありました(笑)。

三島「でも正直、南條が何を言ってるのか、ほとんどわからなかったですね(笑)。それが本当に野球のことを知らないからわからないのか、相方の説明が下手でわからないのか、知りたいなぁと思ってます。後者の方じゃないのかな、と。何回も同じこと言うてるけどなぁ、みたいな(笑)。みなさんに伝えようという気持ちが感じられなかった」

南條「気持ちあったよ! むちゃくちゃ汗かいてやってたよ!」

三島「まず収録直前に“カンペないんですか⁉ 台本見られないんですか⁉”で、一気にあせるっていう(笑)」

南條「そう。もう、驚愕でしたよ! 収録前は、僕らのネタの感じで狂言風にしゃべろうと思ってたんですが、“カンペない問題”で頭が真っ白になりまして(笑)。カンペは多少あると思って来てしまったので、放送見ていただければわかると思うんですが、あのザマですよ(笑)。サウナみたいな汗かいてました。恐らくただの着物を着たおじさんがしゃべってる時間が結構長いと思うので、珍しいすゑひろがりずの形として見ていただければ(笑)」

三島「(爆笑)」

南條「笑いごとじゃないのよ! そういう時に相方に助けてほしいんですけど、知識ゼロ男やったんでね。今回はだいぶ難しかったです」

「番組で扱うランキングは相当マニアック。だからホンマに野球を好きな人が見ると思う」(三島)

――ちなみに今日は南條さん、眼帯姿ですよね。しかも野球ボールの柄になっていて。

南條「ちょっとね、目を患っておりまして、充血してるので隠してる感じになっているんですが」

三島「収録中、そういう説明も何も言わずに始めたからビックリしたよ(笑)。え、説明なしで行くんか、って」

南條「そう、やっぱりカンペない事件であせっちゃって(笑)」

――三島さんは野球用語をなんとか和風に変換して言おうとされていましたよね。難易度としてはどうでしたか?

三島「いやもう、なんとかできそうやな、というやつだけやりまして(笑)。結構難しかったです。もともと意味がわかっている横文字だから和風に変換できるのであって、わからないものは難しいんです。例えば、チェンジアップなんて、どういう球なのかもわからない。『ドカベン』には出てこないですからね」

南條「いや、たぶんチェンジアップは出てくると思うよ(笑)」

三島「わかるのは、坂田三吉(ドカベンの登場人物)の通天閣投法とか…」

南條「(爆笑)。それはプロ野球にはちょっと出てこないです(笑)」

三島「そういう意味では、勉強になりましたね」

――そんなに困ってるようには見えませんでしたよ。

三島「あ、そうなんです、あんまりあせらないんです、僕」

南條「それが三島という男の唯一のいいところですね。あせらないという」

三島「もっとあるやろ! それだけかい!」

南條「でもそれに助けられた部分はあった。一人じゃ、ただ早口でしゃべって終わってたと思う(笑)。ただ、和風に変換するやつ、たぶん野球好きの人からしたらホンマに邪魔やねん(笑)!」

三島「それをね、俺もめっちゃ思ってた(笑)」

南條「横の黄色、うるさい、黙れ、ってなってる人もきっとおるよ?」

三島「番組で扱うランキングのデータって相当マニアックじゃないですか。だからホンマに野球を好きな人が見ているわけで。僕パチンコめっちゃ好きなので、パチンコのめちゃくちゃ詳しいデータの番組とか見ますけど、そんな時に、いちいち和風に変換してる奴とか一切いらない(笑)! だから、なるべく邪魔にはならないようにしようとは思ってた」

南條「邪魔になってたで(笑)。まぁそこは放送でどうなってるか。三島の出番がどれくらいなのか、ちょっと楽しみです」

「注目ポイントが一つ増えるだけで、シーズンを通しての見方も広がってきますよ」(南條)

――今回「2ストライクに追い込んだら必ず三振が取れる投手ランキング」と「初球に強いバッタ―ランキング」をプレゼンされましたが、野球好きの南條さんから見てもやっぱりマニアックですか?

南條「そうですね。普通は投手にしても勝ち星数とか防御率ぐらいしか見ないですし、カウント別の奪三振率なんて意識しないですからね。こんな視点のデータは普段目にすることはないので、台本をいただいた時に、おもしろい表やなぁ、こんなメンバーが入ってるんだ、ってすごく興味深く見させてもらいました。これを知っていたら、例えば会社でこの話をしたら“コイツ野球詳しいなぁ”ってなると思います」

――より楽しく野球が観戦できそうですね。

南條「注目するポイントが一つ増えるだけで、たぶんシーズンを通しての見方も広がってきますよね」

三島「ええこと言うやん!」

南條「収録でもこんなん言いたかったなぁ(笑)」

三島「言うてほしかったわ~」

南條「こちらのインタビュアーさんみたいに引き出してほしいのよ! 聞かれたら俺も言えんねんけど」

三島「無理よ、無理! マニアックすぎて何かもわかってへんのに(笑)! 心に余裕がなかった、お主は」

南條「いや、お主もやで! “素人から見てこう思うけど、どう?”みたいな質問があれば、俺ももうちょっと進めやすかったかなぁ」

三島「それは入れてたつもりよ。自分が気になったところは」

南條「ずっとピンと来てない顔してたやん(笑)。おめでとう、とか言ってたもんな?」

三島「ランキングに入ってるんやから、おめでたいやろ?」

南條「うーん…。めでたないねん、別に」

三島「え、めでたないの⁉ 俺めでたいと思ってたわ~」

南條「ランキング発表するたびに“おめでとうございます!”って。賞じゃないのよ、これは」

三島「でも、すごい人ってことやから、めでたいやろ?」

南條「まぁまぁ、たしかにこれ伝えたら本人は喜ぶと思いますけど。だから…めでたいでいいのか(笑)?」

三島「いいと思うけどなぁ」

――なんだかちょっと反省会のようになってきましたが…(笑)。

南條「(笑)。僕が緊張したポイントは、やっぱり好きな分野なので、茶化しにくかったんです。憧れやし好きすぎて、普通にやってしまったんですよね」

――収録を拝見している限りは、とても楽しませていただきましたよ。

三島「ホンマですか!? あー、でも、もう一回頭からやらせてほしい(笑)」

南條「ちょっと様子見ながらね。(スピードワゴンの)小沢(一敬)さんが僕らのVTRをスタジオでご覧になられるということもあって緊張したし。しかも、斎藤雅樹さんもスタジオにおるって聞いたからさ」

三島「斎藤雅樹さんも知らなかったもん、俺」

南條「ウソやろ⁉ 『燃えプロ‘88』に絶対いてるよ、それこそ」

三島「え、どこのチームにいてます?」

南條「巨人や! 三本柱。斎藤さん、桑田(真澄)さん、槙原(寛己)さん」

三島「巨人は使ってない。広島か(埼玉)西武(ライオンズ)使ってたから」

南條「なんでなん!? 大阪住んでて。変わってんなぁ。まぁ、当時は広島と西武が強かったからな」

「今シーズンはめっちゃ楽しみな選手がいっぱい!」(南條)

――最後に、今シーズン注目している選手やチームを教えてください。

南條「僕は、もちろん野球全般好きですが、やっぱり阪神(タイガース)ファンということもあって、藤浪(晋太郎)投手に活躍してほしいですね。藤波投手が先発ローテーションで二桁勝てるようになったら阪神も優勝がグッと近づいてきそうなんですけども、ちょっと数年苦しんでいらっしゃるんで。今年はなんとか上がってきてほしいなって。ずっと応援しています。近本(光司)選手にも打ってほしいし。あと(東京ヤクルト)スワローズに今年から高卒で入ってきた奥川(恭伸)投手ね。むちゃくちゃ気になるなぁ。今シーズンめっちゃ楽しみな選手いっぱいいますね!」

三島「僕は、知ってる選手が北別府選手、阪神の亀山(努)選手、イチロー選手、野茂(英雄)選手。ハンカチ王子…(和風に変換して)“手ぬぐいの帝”も知ってる(笑)」

南條「ハンカチ王子、名前知ってる?」

三島「…知らん」

南條「“なんとかちゃん”っていうあだ名で呼ばれてた」

三島「名字?」

南條「下の名前やね」

三島「………た…たかし…たけし…ちゃん」

南條「手ぬぐいの帝、たけしちゃん。誰ですか(笑)? 佑ちゃんね。斎藤佑樹選手」

三島「あー、佑ちゃん! 聞いたことある!」

南條「(笑)。今回は汗はかきましたけど、すごく楽しかったです」

三島「僕も今回いろいろと知ることができたので、野球をたくさん見たいと思います!」