特集 Special Feature

撮りおろしカット& Special Interview

映画『ひとよ』公開記念 佐藤健特集

ひかりTVで佐藤健作品が映画もドラマもたっぷり見られる!!

端正な顔立ちとすらりとした体躯だけでなく、演技力に定評のある佐藤健。アクションもヒューマンストーリーも、彼にかかれば右に出る者はいない、今や日本を代表する俳優の一人と言えるだろう。そんな彼が主演する映画『ひとよ』が、11月8日(金)より全国公開する。そこで、映画の見どころを語った佐藤健のスペシャルインタビュー、さらに彼の俳優人生を紐解くヒストリーなどを紹介していく。

映画『ひとよ』11月8日(金)全国ロードショー

稲村家の母・こはる(田中裕子)は子供たちの幸せと信じ、夫を殺害。子供たちに15年後の再会を誓い、家を去った。時は流れ、次男・雄二(佐藤健)、長男・大樹(鈴木亮平)、長女・園子(松岡茉優)の3兄妹は、事件の日から心に抱えた傷を隠したまま大人に。そんな一家の元に、こはるが帰ってくる。

映画『ひとよ』

イントロダクション

「仮面ライダー電王」で、その名が知られるようになった佐藤健。その後、学園ドラマや映画で演技力を磨き、「大河ドラマ『龍馬伝』」で“時代劇”と“アクション”という新たな武器を習得。自身の大ヒット作となる映画『るろうに剣心』シリーズで、一躍“映画俳優”としての地位を確立する。その後も、映画だけにとどまらず、テレビドラマでも主役だけでなく脇役としてその個性を十分に発揮。日本を代表する一流俳優の一人となった。そんな彼が主演する映画『ひとよ』が、11月8日(金)に全国公開。父を殺した母と、15年ぶりに再会する3兄妹の次男を演じている。

佐藤健 撮りおろしカット&スペシャルインタビュー

「撮影が終わって髭を添った時、自分の顔が寂しく感じました(笑)」

劇作家の桑原裕子率いる劇団KAKUTAの舞台劇を、白石和彌監督&佐藤健主演で映画化した『ひとよ』。作品の見どころなどを、佐藤健に聞いた。

出来上がった映画を観た時に、父ちゃん、母ちゃん元気かな、妹はちゃんとやっているかなと思ったんです

――本作は家族の作品ですが、佐藤さんご自身にとって家族とはどういう存在ですか?

距離が近いという感じではありませんが、僕からすると楽な距離感というか重くない感じで、そこはいい意味でありがたいなって思っています。帰った時には、ほっとしますね。

――温かいものと冷たいものが混濁したような作品イメージがありました。

そうですね、シリアスなテーマでありながら幾つか笑えるシーンもありますし。家族って、いいときもあれば、そうじゃないときもある。昨日笑っていたと思ったら、今日は喧嘩したりとか、また次の日になったら笑い合っているみたいなところがありますよね。この作品もまさにそういうことを、普通に無理のない範囲で描いていると思いました。それに登場するみんな難ありですが、全員が愛おしく思えて共感もできます。なかなかそういう作品はありません。最後のシーンは理屈抜きですごく感動しました。
また意外と面白いセリフも多くて、僕は松岡さん演じる園子が酔って介抱されているときに「まだ吐くよ」って言うセリフが一番好きです(笑)。

――佐藤さんは、今回、フリーライターの役ですが、役作りで参考にされたことはありますか。

特に何もしていません。まったく未知の職業だったら調べたり誰かを参考にしたりしたと思いますが、ライターさんは身近なところにいらっしゃるので、その点での不安感はありませんでした。

――髭の姿も印象的でした。

髭に関してはビジュアルの作り込みが目的ではなく、僕が演じている雄二が何となく髭を剃るとかそういうことを気にしない人なんじゃないかなと思ったので、そのまま放置しました。今回はメイクもゼロなのでビジュアルをこういう風に作っていこうとかは考えませんでしたね。髭があるときは何とも思いませんでしたが、こんなに放置したのは初めてだったので、撮影が終わって剃ったときには自分の顔が寂しく感じました(笑)。

――田中裕子さん演じる母親が作る“おにぎり”は家族の象徴のように思えました。

僕は少年野球をやっていたので、土日のお昼は母親が作ってくれたおにぎりを食べていました。確かにおにぎりは家族やお母さんの象徴ですね。おにぎりには、母親の温もりや愛を感じます。

――白石(和彌)監督のイメージはどんな感じですか。

面白い作品を連発している監督ですね。白石作品はバイオレンスとかドラッグとか、そういう刺激的なことが注目されがちですが、僕は白石監督ってミステリーがすごくうまいんじゃないかと思っています。そんな白石監督は、「アクションを撮りたい、佐藤健のヤクザが見たい」とおっしゃってくださいました。僕はヤクザじゃなくてもアクションじゃなくても、また白石監督とご一緒できたらいいなと思っています。

――共演の鈴木亮平さんや松岡茉優さんとは兄妹の空気感を作るためにしたことはありますか?

何かをしたということはありませんね。ただ普通にしゃべっていました。当時、『アベンジャーズ/エンドゲーム』が公開している時期だったので、その話をしたり、鈴木さんが世界遺産マニア、松岡さんがハロプロマニアなので、ハロプロか世界遺産の話をしたりすることが多かったです。僕は、そんな2人を見て、今回はマニア振りを発揮するのはやめようと思いました(笑)。

――佐藤さんは以前、「日本の映画を海外に持っていきたい」とおっしゃっていましたが、今のお気持ちはどうですか。

同じ気持ちです。何も変わっていません。

――映画を楽しみにしているファンに向けて一言お願いします。

僕は普段、家族と頻繁に会ったり連絡を取ったりはしていませんが、この映画を観たときに、父ちゃん、母ちゃん元気かな、妹はちゃんとやっているかなと思ったんです。この映画を観た方が家族に何かしら思いをはせるきっかけになってくれたらうれしいです。

佐藤健ヒストリー

  • 1.デビュー

    1989年生まれ、埼玉県出身の佐藤は、高校2年生でスカウトされる。「仮面ライダー電王」で連続ドラマ初主演を務め、そこから快進撃がスタート。ドラマ「ROOKIES」でドレッドヘアに挑戦し世間的にも注目を浴び、ドラマ「メイちゃんの執事」で若手俳優の注目株としてヒロインの幼馴染役に抜擢。ヒロインに向ける切ない恋心を見事に演じ、若者を始め多くの人から支持を受ける。学園モノ作品で同世代と切磋琢磨し、容姿だけでなくその演技力に磨きがかかっていく。

  • 仮面ライダー電王

    電車で移動する異色のライダーが活躍する姿を描く。時間を改変しようと企てる侵略者イマジン。これを阻止しようと未来から来たハナは時間改変の影響を受けない特質の持ち主・良太郎を探す。しかし、良太郎はひ弱で気弱なヒーローらしくない青年だった。

    仮面ライダー電王 全49話【東映特撮BBアーカイブス】

    • HD
    • PC・スマホ

    提供期間:提供中

    © 石森プロ・東映

  • 2.変革期

    「大河ドラマ『龍馬伝』」で時代劇に初挑戦。人斬りと呼ばれた岡田以蔵の狂乱ぶりを見事に演じる。以降、代表作となった映画『るろうに剣心』シリーズでは、彼の代名詞とも呼べるアクションを身につけ、すべてのシーンを代役なしで演じ切り、見事剣心の静と動を表現。かと思えば、ドラマ「冬のサクラ」や映画『バクマン。』でリアルなイマドキ男子もさらりと演じる。役柄によって自分を変えられる、そんな演技役者へと見事変貌を遂げていく。

  • るろうに剣心

    和月伸宏の漫画を実写化。類まれなる剣腕ぶりから、かつては人斬り抜刀斎として恐れられた剣心だが、明治になり<不殺(ころさず)の誓い>を立て流浪していた。ある時、神谷活心流の師範代・薫を助け居候することに。同じ頃、街では抜刀斎を名乗る者による人斬り事件が起きる。

    るろうに剣心

    • HD
    • PC・スマホ

    ビデオ番号:66662 提供期間:提供中
    【購入】2,200円(税込)【レンタル】418円(税込)/48時間

    © 2012「るろうに剣心」製作委員会

  • 3.現在

    若手屈指の演技派俳優に成長した佐藤は、映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』で日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞。8年間も恋人を待ち続ける新郎役で、包容力ある男性を好演。その後「連続テレビ小説『半分、青い。』」でも主人公の幼馴染を言葉少ないながら生涯支える男性を演じ人気を博した。「あえて役作りはしたくない。どうにでもなれるスタンスでいたい」と10代から言い続け努力してきた結果が今、役の説得力として評価されているのだろう。

  • 8年越しの花嫁 奇跡の実話

    実話を基にした究極のラブストーリー。結婚を約束したカップル、尚志と麻衣。結婚式を間近に控え幸せ絶頂だったある日、原因不明の病が突然麻衣を襲い、意識不明となってしまう。尚志は諦めず麻衣の側で回復を祈り続け、長い年月の末、ようやく麻衣は目を覚ますが…。

    8年越しの花嫁 奇跡の実話

    • HD
    • PC・スマホ

    ビデオ番号:51180 提供期間:提供中
    【購入】2,750円(税込)

    ©2017 映画「8年越しの花嫁」製作委員会