特集 Special Feature

埼玉への徹底的なディス!強烈な郷土愛を受け止めろ「翔んで埼玉」 9.11(水)DVDレンタルと同日提供!!

翔んで埼玉(字幕・吹替)

翔んで埼玉

  • HD
  • PC・スマホ
ビデオ番号:55481
購入
2,700円(税込) 提供期間:9月11日(水)~
レンタル
540円(税込)/48時間 提供期間:9月11日(水)~

今すぐ視聴する

埼玉への徹底的なディス!強烈な郷土愛を受け止めろ

「パタリロ!」を代表作に持つ、魔夜峰央原作コミックを映画化した『翔んで埼玉』。
監督には『テルマエ・ロマエ』シリーズなどを手がけた武内英樹、
主演は二階堂ふみとGACKTが務め、壮大な“愛と革命の物語”がここに誕生した!

STORY

その昔、埼玉県人は東京都民から酷い迫害を受けており、埼玉県人は自分達を解放してくれる救世主の出現を願っていた。
東京都知事の息子である壇ノ浦百美は、東京の超名門校・白鵬堂学院で埼玉県人を底辺とするヒエラルキーの頂点に生徒会長として君臨。しかし、アメリカ帰りの転校生・麻実麗の出現により、百美の運命は大きく狂い始めるのだった。

翔んで埼玉 場面写真

突き抜けた“埼玉ディス”が衝撃的な「翔んで埼玉」。
多くの人を夢中にさせたのは、壮大すぎる茶番劇にあり!

1982年に発表され、30年以上の時を経た2015年に、ネット発で再び脚光を浴びた魔夜峰央(まや・みねお)のコミック「翔んで埼玉」。それを、「テルマエ・ロマエ」シリーズで知られる武内英樹監督によって実写化された映画「翔んで埼玉」は、なんと興行収入37億円を超える大ヒット。“埼玉をディスる”という衝撃的な内容ながら、これほど多くの人が引き付けられたのはなぜなのか……そのヒントを探っていきます!

「翔んで埼玉」の世界観がよく分かる2つの迷言

“埼玉ディス映画”と聞いて、どんな世界観を想像するでしょうか。おそらくその想像の斜め上へぶっ飛んでいるのが「翔んで埼玉」の世界。ここでは、その独特すぎる世界観を象徴するような2つのセリフを紹介。いずれもほぼ原作のまま、映画序盤に登場します。

序盤のあらすじ

埼玉から東京へ向かう1台の車のカーラジオから流れ始める、“埼玉にまつわる都市伝説”のお話。その都市伝説として語られる物語こそが、本筋のストーリー。描かれるのは、東京都民からひどい迫害を受けていた埼玉県民の革命の物語。それは、東京屈指の名門校・白鵬堂学院の生徒会長である壇ノ浦百美(二階堂ふみ)と、アメリカ帰りの転校生・麻実麗(GACKT)の出会いによって動き出します。

  • 『埼玉県人にはそこらへんの草でも食わせておけ!』

    白鵬堂学院では、事情によって今は東京に住んでいる元埼玉県人の生徒たちはZ組としてまとめられ、掘っ立て小屋で勉強させられています。そして、腹痛に苦しむZ組の生徒に対して、東京都知事の息子である生徒会長の百美が浴びせたのがこちらのセリフ。ディスりのレベルが容赦なさすぎて、むしろ清々しさを感じるほど。実際、言われたZ組の生徒は、言葉を失い本当に草を食べようとします。

  • |
  • 『ああいやだ!埼玉なんて言ってるだけで口が埼玉になるわ!』

    容姿端麗で都会的な麗は、転校早々女子から熱い視線を集める存在に。そんな麗を取り巻く女子たちが、埼玉県人を散々ディスった末、恐怖におののいた表情で口にしたのがこのセリフ。埼玉県人への迫害のひどさと、「口が埼玉になる」という謎表現から本作のシュールさが伝わってきます。ちなみに、「口が埼玉になる」とはどんな状態なのか…答えを求めるのは野暮です。

豪華俳優たちの全力の茶番劇を楽しむキーワード

キーワード1

SAT(サイタマ・アタック・チーム)による埼玉狩り

通行手形がなければ東京に出入りすらできない埼玉県人。通行手形を持たずに東京都内に紛れ込んだ隠れ埼玉県人が見つかると、SAT(サイタマ・アタック・チーム=埼玉急襲部隊)によって捕らえられ、強制送還されてしまいます。それが埼玉狩り。隠れ埼玉県人が発見されるや“埼玉警報”が鳴り響き、埼玉県人を捕えるための武器“埼玉銃”や、海の要素をちらつかせて埼玉県人をあぶり出す“埼玉ホイホイ”なる特殊装置まで登場。そして麗が隠れ埼玉県人であることが判明するシーンで、踏み絵に用いられたのは、埼玉県のシンボルであるシラコバトが描かれた草加せんべい!

豪

キーワード2

都会指数が高ければ余裕!? 東京テイスティング

東京都民だからと安心はできません。白鵬堂学院では、どれだけ都会的な環境で生活しているかを表す“都会指数”によって入れるクラスが決められています。A組は都会指数の高い赤坂や青山、B組からD組は中央区や新宿区、横浜市、E組は都会指数ゼロと称される田無や八王子在住の生徒、といった具合に。そして百美が、麗を格付けするために行ったのが“東京テイスティング”。瓶の中に入った空気を吸い、東京都内のどこの空気かを当てるというムチャな催しで、都会指数が高い人間ならクリアして当然だそうですが……果たして。

キーワード3

通行手形撤廃を競い合う 埼玉vs千葉

実は埼玉だけでなく、東京へ行くのに通行手形が必要なのは千葉も同じ。昔から埼玉と千葉は、どちらが先に通行手形制度を撤廃できるかを競い合うライバル同士なのです。麗を中心とした埼玉解放戦線と、伊勢谷友介演じる阿久津翔がリーダーの千葉解放戦線が、川を挟んで激突する流山橋の合戦は、本作における一つのピーク。それぞれが出身の有名人を出し合って行く対決は、最高にバカバカしい! 埼玉×千葉、この抗争がどう決着するのかも注目です。

キーワード4

埼玉よりむしろひどい!? 秘境の地・群馬

“埼玉ディス映画”とは言うものの、ディスられているのは埼玉だけではありません。前述したように都会指数ゼロといわれた都内のエリアもそうですし、千葉もピーナッツネタでいじられていたりする中で、特に強烈なのは“秘境の地”として描かれている群馬。百美が必死になってたどり着いた群馬の空には、まさかのプテラノドンが飛翔! そのほか、茨城を軽くディスっているセリフもあったり、細かいネタが散りばめられているので、何度も見て探してみると、きっともっと楽しめます。

豪華俳優たちの全力の茶番劇を楽しむキーワード

文/小林未亜(エンターバンク)